国外の医薬品を輸入

drug vials

海外の医薬品を代理販売している個人輸入代理業というのが流行っています。避妊効果の高い低用量ピルもこれらの業者で取り扱っているものがあり、価格が非常に安いものとなっています。

月経トラブルを緩和

Different types of drugs

低用量ピルは避妊以外の目的でも使われます。生理に関わるトラブルの緩和にも低用量ピルは効果を発揮するので、月経の諸症状に悩む女性にも低用量ピルの知識を知ってもらう事をオススメしておきます。

起こる副作用を確認

blister packs

低用量ピルにはメリットのある副作用とデメリットのある副作用があります。それぞれを事前に知っておけば、自分にとって最も適した使い方を実行する目安にもなりますので覚えておきましょう。

安全性の高い避妊薬

man tired

コンドームをしていても破れてしまうことも!低容量ピルの避妊対策しませんか?気づいてからでは手遅れだったりしますので今から対策しておきましょう。

日本では1999年に認可されたのが避妊薬として一般的に有名な低用量ピルです。産婦人科による正しい指示により、毎日規則的に服用し続ける事で、コンドームやアフターピルなどの避妊方法よりも高い避妊率を実現してくれる医薬品です。薬局などで市販されている薬ではありませんので、低用量ピルを手に入れる際は、信頼できる最寄りの産婦人科へ行って処方してもらうと良いでしょう。低用量ピルはその作用により女性のホルモンバランスを無理無く安全な範囲で調整する事で、女性を人工的に妊娠と同じ状態へと体質変化する薬です。体が擬似的に妊娠状態へと変化するので、その間に性行為を行なったとしても、体のしくみにより妊娠する事が起こりえなくなるのです。海外ではオランダを始めとするヨーロッパ圏で特に低用量ピルの利用者が多くいる事からも、文化レベルの高い先進国ほど低用量ピルの避妊効果に需要があると言えるのです。稀ではありますが、体質によってはいくつかの副作用などもありますので、低用量ピルによる避妊を行う際は、必ず専門の医師による診断を受けておきましょう。体質に合えば、きちんと毎日飲み続ける事で高い避妊率を発揮してくれる低用量ピルは、コンドーム利用など他の避妊と併せて利用していくと良いでしょう。また、低用量ピルは避妊効果だけでなく、生理に関わるトラブルを緩和する事にも効果を発揮してくれます。特にPMS(月経前症候群)を和らげる事にも使われるので、このような生理に関する悩みを抱えている女性にも低用量ピルは推奨される薬ですで、避妊効果と併せてを利用を検討しておく事をオススメしておきます。

Copyright © 2016 健康リスクの少ない低用量ピルで安全な避妊を実現・PMS緩和にも. All Rights Reserved | Design by W3layouts