起こる副作用を確認

blister packs

どんな薬にも副作用というものがありますが、低用量ピルにも少なからず副作用があります。ですが比較的弱い副作用が多く、中にはメリットのある副作用もあるので避妊効果と併せて覚えておくと良いでしょう。まず低用量ピルの副作用として代表的なのが、吐き気、情緒不安感、乳房の張り、不正出血などがあげられます。これらは昔に比べれば、ホルモン量を調整した最近の低用量ピルではあまり多くおきない副作用ですので、過剰に心配する必要は無いと思います。もちろん全く危険性がゼロというわけではありませんから、低用量ピルを服用する時は、きちんと専門医の診断を受けてから利用する事が大切です。注意しておきたいのが喫煙者による低用量ピルの服用で、喫煙者が低用量ピルを服用すると特定の健康リスクが高まる結果が報告されているという点です。喫煙者が低用量ピルを利用する際は特に医師へ伝えておきましょう。このような副作用が人によっては少なからず起こる可能性がある低用量ピルですが、それとは別に、低用量ピルを服用する事で起こるメリットがあります。別項でも書きましたが、生理トラブルに関わる症状改善というのが代表的なメリットで、女性にとっては毎月の辛い生理トラブルを低用量ピルなら改善する事ができるのが大きいです。そして長期服用する事で、卵巣癌や子宮癌など女性特有の病気を予防するという効果も低用量ピルにはあると言われているのです。ホルモンに働きかける薬というのは多くが強い副作用がありますが、その中でも比較的副作用が弱く、避妊以外にメリットをもたらす良い副作用をもたらしてくれる低用量ピルですので、その様々な効果を知っておけば、快適に利用するための大きな参考となると思います。

Copyright © 2016 健康リスクの少ない低用量ピルで安全な避妊を実現・PMS緩和にも. All Rights Reserved | Design by W3layouts